ご予約フォーム お問い合わせはこちら

身体と心の健康に・カルシウム1日1,500mg【かんのん苑の愛言葉】

身体と心の健康に・カルシウム1日1,500mg【かんのん苑の愛言葉】

2019/04/06

本当は怖いカルシウム不足

かんのん苑の愛言葉でお伝えしている「カルシウム1日1,500mg」。
意識して取っているつもりでも、実は不足しがちなカルシウム。
カルシウムが不足すると、どんなことが起こるのでしょう?


カルシウム不足で感情が暴走?

ちょっとしたことでイライラする、泣いてしまう、不安になる。
そんな感情の暴走、実はカルシウム不足が原因なんです。

必要な量のカルシウムを食事で摂りきれていないと、
生きるために必要な分のカルシウムが骨の髄から溶け出して血液に流れ込み、補おうとします。
骨の髄が溶け出ているので、イライラしたり無性に不安になったりするのです。


カルシウム不足で身体も痛む?

カルシウム不足で骨の髄が溶け出すと、身体の痛みも出やすくなります。
ウォーキングで股関節周りに痛みが出る、気温が下がると古傷が痛む、足が攣りやすい、などなど。

どこかに痛みがある人・イライラする人・不安症な人は、すでにカルシウムが骨の髄から溶け出てる可能性大です。
1日の必要量では足りないので、溶け出た骨の髄を埋めるべく、1日1,500mg摂りましょう。


カルシウムってどうやって取ればいい?

カルシウムに限らず、栄養素は食事から摂取するのが一番です。
カルシウムが豊富な【しらす・ジャコ・豆腐・かつお節】を常備しておくと良いですね。

まず、朝にたっぷり800mgくらいのカルシウムを食べてください。
そして、残りを昼と夜に分けて摂りましょう。

どうしても食事で摂りきれない場合は、補助食品で補いましょう。
カルシウムウエハースやチュアブルタイプのサプリメントがオススメです。


カルシウム摂取で元気になろう!

身体と心の健康に欠かせないカルシウム。
まずは「1日1,500mg」、摂るように心がけましょう!


かんのん苑の愛言葉

・肺を100%使う呼吸
・お水は、1日2ℓ(200mlを10回!)
・トイレは1日8回以上(時間は1回10秒!)
・カルシウム1日1,500mg
・鉄分1日13mg
最低でも2週間、続けてみてください!

かんのん苑

戸澤 希代子

熊本県天草生まれ。
20歳で名古屋に上京し結婚2児の母となる。
31歳で離婚、娘の骨折を機に整体を学ぶ。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。