すべてはここから始まった!【ざこっつん ®︎】ヒストリー

かんのん苑

何をしていても痛い…。お客様からのSOS

【ざこっつん ®︎】を思いついたのは、名古屋のお客様からのこんなSOSでした。

「寝てても、どんな体勢をしていてもずっと股関節や坐骨の辺りが痛いし、
痛みが移動していく。どうすればいいですか?」

自調律メソッドの膝まわしや膝倒しを試してみてもらったけど、
それでも痛みが取れない。
どうにか解消したい!のですが、
名古屋のお客様なので、東京へはすぐ治療に来られない。

どうしたらいいかなー、どうすれば痛みが取れるだろう、と考えながら
寝転んで膝まわしや色々な動きを試していたその時、

ふと、バスタオルが目に入ったのです。

バスタオルをねじって棒状にして輪を作り、坐骨の下に置いて土手を作る。
そうやって坐骨を安定させて、骨盤のブレを無くした状態で自調律をやるといいんじゃないか。
その為には、タオルを組み合わせて、ここを止めて…。

こうして、ざこっつんが生まれました。

最初にの【ざこっつん ®︎】は、タオル2枚と輪ゴム4個でできる、
「手作り【ざこっつん ®︎】」でした。

手作り【ざこっつん ®︎】の作り方はこちら

「私、タオル縫ってるんです。」

手作り【ざこっつん ®︎】を紹介し、お客様に使用していただいていたある日、
こんな言葉を耳にしました。

「私、タオル縫ってるんです」

タオルを丸めて輪ゴムで止めている手作りざこっつんは、
上に座って身体を動かしていると、どうしてもタオルがずれてきてしまう。
なので、タオルを縫って固定しているとのこと。

確かに、使っているとどうしても形が崩れてくるし
座り心地もいまいち…。

手作りでも十分効果があるけれど、毎回形を整え直さなきゃいけないのはちょっと大変。
じゃあもう、形成しちゃおう!

というわけで、形を作って縫製して、大好きな光電子繊維も織り込んで…。
こうして完成したのが、今の【ざこっつん ®︎】なのです。

すでに多くの人に使っていただいていますが、
・尿漏れが治った!
・おりものが消えた!
・生理痛が無くなった!
・座り仕事でも脚がむくまなくなった!
・美尻になった!
などなど、よろこびの声が次々と届いています!

私の目指す「介護の要らない人生」、
天命をぴんぴんころりで全うしていただくために【ざこっつん ®︎】は必須アイテムなのです。

【骨盤底筋群 尿漏れにはざこっつん®︎ 】健康 キヨコドー 80歳でも座るだけで治った!かんのん苑