首の疲れに・頚椎を整える自調律

かんのん苑

首の疲れや痛みに、簡単自調律

パソコンやスマホ、事務作業など、うつむきがちの姿勢になる事が多い現在。
首に疲れを取る為に、自分でほぐしている方も多いですよね。
でも!自己流で首をほぐすのって、実はとっても危険なんです。
大切な神経がたくさん通っている頚椎。
痛めずに疲れが取れる自調律を、お伝えいたします。

頚椎を整える自調律 その1

・両手の手のひらを首のつけ根に置きます
※首の真ん中の頚椎から左右各2cmくらい離れた所に手のひらを置いてください。
・上を向き、両手の小指に頭を乗せます。
・そのまま頭を軽く左右に数回振ります。
※背骨はまっすぐのまま動かさず、頭だけを軽く動かしましょう。

・次に頭を大きく回します。
※下を向くときに息を吐き、上を向くときに息を吸ってください。
・反対回りも同じ様に行いましょう。

・息を吸いながらゆっくり頭を起こし、置いていた手を外してください。

頚椎を整える自調律 その2

右手の母指球(親指のつけ根辺り)を首の左側の真ん中に当て、残りの指で肩を包み込むようにします。
※中指が肩甲骨の丈夫に当たる位置です。
・頭を左に傾け、母指球に頭を預けるように置きます。
・頭の先で半円を書くように、前後に大きく動かします。
※背骨はまっすぐのまま動かさず、頭だけを動かしてください。
・ゆっくと頭を起こし、右手を下ろします。

・反対側も同じように行いましょう。

疲れてきたら自調律!

いつでもどこでも出来ますので、首が疲れてきたら、こまめに自調律を行ってみてください。
背骨を動かさない、必ず首に手を当てて行う
この2点に気をつけて、正しいやり方で首の疲れを解消しましょう。

デスクワークにも【ざこっつん ®︎】

骨盤が歪んだ姿勢でデスクワークを続けていると、
骨盤⇒肋骨⇒頚椎⇒頭蓋骨、と骨がどんどん歪んでいき、痛みや体調不良を引き起こします。
【ざこっつん ®︎】に座ると身体のベースである骨盤が整い、
骨盤⇒肋骨⇒頚椎⇒頭蓋骨、と骨が整っていきます。
【ざこっつん ®︎】で骨盤を調整し、痛みのない生活を手に入れませんか?

【整体】頚椎 自分でやるなら!! 【自調律メソッドkiyocodo】かんのん苑