頻尿が治る!【ざこっつん ®︎】エクササイズ

【ざこっつん ®︎】で頻尿が治る!?

「さっきトイレに行ったばかりなのに、またトイレに行きたい」、「夜中に何度もトイレに起きてしまう」
そんな頻尿のお悩み、【ざこっつん ®︎】で解決できます!

どうして頻尿になるの?

そもそも、どうして頻尿になるのでしょう。
頻尿の原因に一つに、骨盤底筋群の緩みがあります。
骨盤底筋群はその名の通り骨盤の中にあり、膀胱や子宮を支えている筋肉です。
この骨盤底筋群が緩むと膀胱を支える力が弱まり、尿道を閉める機能が低下します。
その為、排尿がガマンできなくなり、トイレが近くなるのです。

簡単エクササイズで頻尿解決!?

簡単に出来るエクササイズで骨盤底筋群を締め、頻尿を解決しましょう!
【ざこっつん ®︎】に座ったままでOKです!

基本の姿勢

まず、椅子の上に【ざこっつん ®︎】を置きます。
椅子の高さは、ひざの高さと同じくらいにしてください。

【ざこっつん ®︎】は盛り上がっている方が後ろ、二つの輪になっている方が前です。
その二つの輪の中に坐骨が入るように座ります。
上体を起こした時、頭のてっぺんとお尻の穴の少し前あたりがまっすぐ一本に繋がるイメージです。

骨盤の左右運動

【ざこっつん ®︎】に座り、両脚をぴったりと揃えます。親指同士、内くるぶし同士がしっかりくっつく様にしてください。
そのまま両手を両肩に置き、上半身を少し前傾させます。
両膝の内側をすり合わせるように、左右の膝を交互に前に押し出します。
足の裏はしっかりと地面につけたまま、膝だけを動かします。
この時、肩がつられて動かないように気をつけてください。

左右で動かしやすさに差がある方がほとんどです。
動かしやすい方はあまり動かさず、動かしにくい方を大きく動かすように、左右各20回動かしてください。

これで、骨盤が整います。

骨盤の前後運動

次に、骨盤底筋群を締める運動です。

【ざこっつん ®︎】に両脚を揃えて座り、両手を腰にあてます。
背筋を伸ばし、上半身を前に倒します。
次に、上半身を後ろに倒します。この時お尻を少し浮かせ、お尻の穴を閉めるようにします。
前後交互に、ゆっくり20回繰り返します。

骨盤を回す運動

両足を大きく開き、【ざこっつん ®︎】に座ります。
そのまま、左右の膝を交互に内側倒します。
股関節がしっかり動くように意識してください。

毎日続けることによって骨盤底筋群が締まり、頻尿が解消されます。

【10回で!【頻尿】プロが教える改善方法 かんのん苑

Follow me!